ENTRY

Real Voice 若手社員×上司

HOME 社員座談会 若手社員×上司

失敗も見守ってくれる視野の広い上司だから
「お客さまのために」チャレンジできます。

水産バイヤーの仕事は、仕入れから販売までのプロセスを企画・設計する、各店舗の鮮魚コーナーの司令塔ともいえるもの。この対談では、水産バイヤー・リーダーの正田さんと、寿司バイヤーを担当する山口さんに、これまでの経験で学んだことや、将来の目標について、本音で語っていただきました。

商品本部 生鮮部 水産チーム
リーダー・バイヤー
正田 修司

商品本部 生鮮部 水産チーム
寿司バイヤー
山口 美里

※インタビュー当時の役職で記載しています。

Question.01 自分が食べたくなるような、
おいしくて便利な惣菜や
お寿司を生み出したい!

正田
山口さんは、今では「寿司バイヤー」として頼もしい存在ですが、実は現場(店舗の鮮魚売り場)に配属された頃に一度だけ舟入店で会ったことがあるんだよね。その時は正直なところ、おとなしそうで「続くのかなぁ」と思ってました。魚をバシバシとさばいたり、お客さまに「いらっしゃい!」と声をかけたりというイメージがなくて(笑)。
山口
そうなんですか?でも、確かに当時周りからよく言われたんですよ。「鮮魚担当じゃなくて事務職のイメージ」って。でも、私なりにがんばってやってましたよ!
正田
幅広い水産バイヤ―の領域の中で、総菜とお寿司を担当するのが「寿司バイヤー」の仕事だけど、本当は魚が苦手なんだっけ?
山口
苦手ではないです。でも、家で自分で魚を調理するのはちょっと面倒かな?という感じですね。匂いとか…。だからこそ、お客さまに近い目線で考えられると思っています。自分が食べたくなるような、おいしくて便利な惣菜や商品を生み出したいと思っています。
正田
「焼き魚の品揃えを増やして、お客さまの調理時間を短縮したい」という山口さんの案も、その想いからだよね。「魚離れ」などと言われていますけど、工夫しだいで、まだまだ可能性はある分野だよね。スーパーで働いていて、魚の部門を受け持った以上は、お客さまにとって本当に役立つ商品を送り出すことが、大きな責務かなと。
山口
そういう意味では、リーダーの幅広い視野は、いつも勉強になっています。私が塩干バイヤーだった頃も、東京の展示会での動向を教えていただいて、それが店頭での展開のヒントになったりとか。
正田
それはありがとう。どの分野でもそうだけど、バイヤーの仕事は、トレンドをつかんだり、自分の目で見たり、アンテナを広く張っておくことが命だからね。

Question.02 現場があるから刺激があり「すべきこと」に気づかされています。

正田
今、目指しているのは、各バイヤーが店舗に足を運べる時間をもっと増やすこと。事務所にいて、ただ指示を出していると、どんどん現実とずれてしまうという危惧があって。
山口
そうですね。私も現場での勤務を経験して、「この商品はお客さまにこう言われたな」とか「喜んでいただけたな」という、当時の気づきを今も念頭に置いているんですが、いざ事務所で計画やレシピを考えていると、ついつい完璧を目指すあまり、細かくなりすぎて、現場にとってみると使いにくいものになっていたり。だから、現場のスタッフの皆さんと会話しながら、商品企画や売り場づくりをすることが大切だと、最近は実感します。
正田
バイヤーは誰もが陥りやすいんだけど、数字だけを見ていると、前年比を気にして動きがどんどん保守的になる。チャレンジしなくなる。でも、現場やお客さまの声を聞くと、「こうしなきゃ」と気づかされるし、目標も生まれる。「魚をもっと食べてほしい」とね。そのためにも、各自の事務所での仕事にムダやムラがないかを見直して、各バイヤーが動きやすい体制をつくろうと取り組んでいるところです。お客さまと接する現場は、やはりスーパーマーケットにとっては「財産」だからね。ところで、山口さんは、今後の目標としては、どう考えていますか?
山口
そうですね、まだまだ上司から受けてやっているような面があるので、自分で考えて、自分発信で動けるようになりたいです。
正田
それは大切だね。ぜひとも、失敗を恐れずに取り組んでほしい。それから、鮮魚の世界って、これまでは男社会だったんですよ、事実として。でも、一番お客さまの目線に近いのは女性だと思う。実際に子育てしている女性バイヤーの声って、どんな理屈よりも正しい時があるし。だから、山口さんも女性バイヤーとして、自分のスタイルを生み出して欲しいと思う。昔と違って、魚の加工はプロフィッシュ(水産加工の関連会社)が担当するから、重い荷物を運ぶ必要も減ってくるなど、会社も働きやすい環境への整備を進めている途中だしね。
山口
そうですね。女性ならではの目線を生かせるバイヤーを目指したいですね。